スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アホの一ノ瀬

今日は宮ジーと普段宮ジーが稼働させている機械で一緒に仕事。
昨日から宮ジーはこの作業にとりかかっているのだが、なかなか製品の幅が大きく扱いにくそうである。正直「ヤだなぁ。」って思った。でもやむなし。
事務所から一ノ瀬君という若者つっても20代後半がやってきた。製品に不具合がないか確認する為である。一見、チャラ層に見えるけれど実はしっかりと働き者・・・、だと思ってたんだよ俺は。全く人を見る目がないねぇ、いつまでたっても。
重たい部品を俺と宮ジーで抱えていて彼も「あ、こっち持ちますわ。」と抱えてきたのでその箇所をまかせたら、いきなり彼の携帯に電話がかかてきた。するとコイツ何の断りもなくいきなり手を離して電話にでやがった。「あ、お世話になってますぅ。」
オマエが今世話になっとんのは俺達二人やろ、重たい製品、急に手をはずしやがって、バランスくずれてひと苦労、落としたら部品も傷がつくし、こちらも大けがするし。
で、こんな事が3回もおきて。「おまえ、エエ加減にしとけよ。」って思わず凄む私である。ナンデ、コイツが他の部署を転々としてきたのか今日やっとわかったよ。明日は自分の機械で作業することになるとは思うけど、もし明日またコイツと組んで同じことしたら絶対殴る。コイツは殴らんとわからんわ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

最新記事

最新コメント

in the court of the naked king 2014

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

hirajii

Author:hirajii

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。