スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yosano days 1

急な気温の上昇にせかされたのかポツポツと桜がほころぶ始める中与謝野町へ向かう。

なにはさておき「ハニカムカフェ」へ。中途半端那時間だったので、あきこさんはパフェを俺はケーキセットをチョイス。あいかわらず上手いし店のスタッフは別嬪さんぞろいだし、もっと長居したい平爺ではあるがホテルへ向かう駐車場ではマスイ夫妻とみやち君がタムロしていた。

チェックインをすませて風呂、にはいり一寝入りしてからWHITEROOMへ向かう。マンティスがリハ。めちゃ長いし。ろけんろおるにそんな時間いらんだろーに。で、パリテキもさくっとリハを終了。開演を待つ。お客さんの入りが一番心配だったのだがなかなかたくさんご来場いただきまして。


THE BACK NUMBERS
20140329 WHITEROOM THE BACK NUMBERS 012

THE PARIS,TEXAS
20140329 WHITEROOM THE PARIS,TEXAS 073

THE MANTIS
20140329 WHITEROOM THE MANTIS 012


楽しいライヴの後はうちあげもまた楽しからずや。
20140329 WHITEROOM 020

20140329 WHITEROOM 012

陽気なナカジンが閉めてくれました。ライヴ後の鍋もうまかったな。これだから与謝野町詣ではやめられましぇん。
スポンサーサイト

夜想にて

PM4:00夜想到着。タモ3が既にきていた。かなり緊張しておる。緊張という言葉が辞書にない私にはわからん感情ではある。サクットリハして開演を待つ。今日は(うちにも美しい姫がおられるが)基本的にギャルバンドばっかでなんか華やかである。お客さんもたくさんやってきてくれた。

定刻どおりライブスタート。
夜の水たまり

20140322 夜想 夜の水たまり 003
初ライヴにしては充分やったんではないかと。楽しかったし。

THE LADYBUGS

20140322 夜想 The Ladybugs 012
なんかほのぼのした雰囲気の彼女たちがロンドンでCANNIBALSとライブをやるなんて、どこからそのバイタリティーがでてくるんだろ。ええライヴでした。

RED ILL PRINCESS
20140322 夜想 red ill princess 016
今日もリエちゃんのギターの歪みはえぐかった。かっこよし。


GIRLS GO-YLE
20110322 夜想 GIRLS GO-YLE 012
上手いんだけどな。なんか手慣れた感がでていてもったいなかったな。

ライヴ後も楽しかったっす。
20140322 夜想 001
20140322 夜想 003
20140322 夜想 005
20140322 夜想 006

続きを読む

磔磔にて まねはねワンマンライヴ

磔磔へ。
復活、まねはねワンマンである。さすが愛されているバンドだけあって、なかなかの大入り満員。ご同慶のいたりである。
たくひろは「せいぜい小一時間」と言っておったが、なんの。(ま、間が長いというのもあるが。)

エエ曲を腕利き連中が適切なアレンジで根性入れて演奏するのだ。そしてそれを待ちかまえる客達。素晴らしいライヴにならない訳がない。


20140321 磔磔 まねはね 019
20140321 磔磔 まねはね 070

お客さんにはバンドマンも多くいた。でも、楽器など演奏することがない人達はもっとたくさんいた。それは素晴らしことである。バンドマンにしかうけないようなバンドなんてクソだもんね。
20140321 磔磔 まねはね 071
20140321 磔磔 まねはね 073
20140321 磔磔 まねはね 074
20140321 磔磔 まねはね 075
20140321 磔磔 まねはね 078
20140321 磔磔 まねはね 081

ゆっくりしたかったけど、明日はライヴだし朝から墓参りなのでとっとと帰宅。あ~、楽しかった。

WILKO JOHNSON BAND at 磔磔

WILKO JOHNSON BAND を見に磔磔へ。
しかし、こんなにチケットがとりにくいバンドになってるとは思わなかったな。もちろん、人気が出るのは良いことだとおもうし、ご同慶の至りではあるのだが。以前はマネージャーとバンドの3人でやってきてたと思う。マネージャーの許可さえとればビデオ撮影もOKだったので、1999年のビデオは撮影した。今となっては撮影しておいてよかったと思う。

磔磔店内はすでにかなり満杯状態で、普段座敷があるところにいたを弾いて少し高めの立ち見席になっている。ここに立つのは20年近く前、チャーボーが亡くなってすぐのチャボバンドのライヴ以来だ。あのときは心も体もぼろぼろで随分しんどかったとか余計な事まで思いだした。

ライブはいつも通りといえばいつも通りではある。でも「え、、もう終わり?」というくらいあっけなく1時間半もなかったかな。ちょうどCD1枚分くらいか。でもすの分濃縮されたライヴで、以前に感じた途中のダレたところが全くなくって、とてもいいライヴだったと思う。ステージのウイルコは元気いっぱいだったし、ノーマンはあいかわらずえぐいビートを叩きだしていたし、ディランもかなりバンドに馴染んでいた。
今日のお客さんも素晴らしかった。

201403151.jpg
201403152.jpg
201403153.jpg

来年もまた来てや~。



夜想にて

夜想へ。
順番きいたら栗ちゃんがとっぱなだったので道中混雑しててちょっとあせる。

栗本英明

201403083.jpg

随分久しぶりに観たような気がするが、今日も素晴らしい歌&演奏を。

で、後二つはドーデモヨロシク、いやワームスってバックはかっこええのに、なんであんなボーカルが。気持ち悪っ!個人的には対バンしたくないっす。

SUNFISH

201403082.jpg

ワダがしきりと「格好ええナァ。バンドマジックがあるなぁ。」と誉めておったが、アイちゃんが加入してから一番ヘッポコな演奏だったのはまちがいなく。(それでも充分格好ええねんけど)で、私ゃアンコールしませんでした。

ツータン家経由で京都にきたサナエボンと佐藤、タバちゃんに誕生日祝いを戴く。なんか、すまんね、気をつかわせて。

201403081.jpg

 | ホーム |  次のページ»»

最新記事

最新コメント

in the court of the naked king 2014

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

hirajii

Author:hirajii

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。